デリケートゾーン用石鹸やボディソープの選び方とデリケートゾーンケアが人気の理由

デリケートゾーンに悩みを抱えている方は実は少なくありません。においやかゆみなどのデリケートゾーンの悩みを解決するためにも、ケアが必要な理由や、デリケートゾーン用石鹸の選び方を知っておくことが必要です。こちらでは、デリケートゾーンのよくある悩みとケアが必要な理由、石鹸やボディソープの選び方を紹介します。正しく石鹸を選んで、適切なデリケートゾーンのケアを行うことをおすすめします。

デリケートゾーンに関するこのような悩みはありませんか?

女性の足

デリケートゾーンの悩みは気軽に周囲に相談できることではなく、1人で悩んでしまう方も多くいらっしゃいますが、一般的に多くみられる悩みの理由は以下のとおりです。

  • ・におい
  • ・かゆみ
  • ・ムレ
  • ・おりものの量や色
  • ・尿もれ
  • ・黒ずみ

においに関しては男女共通で悩まれている方が多いようです。

ムレも男女共通のものですが、特に男性はデリケートゾーンが下着とズボンに常に覆われ通気性がよくないことから、汗によるムレが気になるようです。ムレが続くと菌が繁殖しやすくなり、かゆみが起こる可能性も高くなるので注意が必要です。

また、尿もれや黒ずみは妊娠中や産後の女性に特に多い悩みのようです。

上記でご紹介したようなにおいやかゆみ、ムレなどの悩みを解決したいとお考えなら、Mellow.の商品を是非お役立てください。

Mellow.ではデリケートゾーンの様々な悩みを軽減したい方にぴったりの、デリケートゾーンケア用石鹸の企画販売を行っています。

メロウドット インティメイトウォッシュは植物由来成分にこだわっており、やさしい使い心地で毎日使えると人気の商品です。

デリケートゾーンのケアが必要な3つの理由

無添加石鹸

デリケートゾーンは皮膚が薄くて敏感なので、きちんと正しいケアを心がけることが大切です。こちらでは、デリケートゾーンはなぜ正しいケアが必要なのかをご紹介します。

においの原因の予防

デリケートゾーンのにおいの原因は、主にアンダーヘアについた汚れから来ています。本来、アンダーヘアは生殖器を守るために存在していましたが、現代ではほとんど必要がないものとなっています。欧米などのデリケートゾーンケア先進国では、脇と同様にVIO処理をすることはすでに一般的に行われています。不要なアンダーヘアを処理することで、においの原因が取り除かれ衛生的に過ごすことができるようになり、また他にも様々なメリットがあるからです。

しかし、多様な価値観が認められるべきこの時代には、VIOに限らず体毛もアイデンティティのひとつとして自然なままでおくムーブメントも起こりつつあります。

処理をするしないどちらにせよ、においの原因である汚れはしっかりとデリケートゾーン専用の石鹸やボディソープで洗うことが必要になってきます。

ムレによるかぶれの予防

デリケートゾーンがかゆくなりやすいのは、通気性が悪くムレやすい環境にあるためです。ムレると雑菌が繁殖しやすくなり、その結果、かぶれやかゆみが出てきてしまいます。しかし、ムレを解消するために洗いすぎてしまうのもよくありません。

デリケートゾーンの皮膚は非常に薄く、腕の内側を1とした場合、42倍もの薄さなのだからです。皮膚が薄く敏感だといわれている顔と比較しても3倍以上もの薄さのため、デリケートゾーンの皮膚が非常に繊細であることがわかります。

そのように繊細なデリケートゾーンをムレやかぶれ、かゆみなどから守り、悩みを予防するためには、デリケートゾーン専用の石鹸やボディソープを使うことが大切になってきます。

黒ずみの予防

デリケートゾーンの皮膚は非常に薄く、また常に摩擦にさらされているため、どうしても色素沈着が起ってしまう部分です。特に乾燥肌の場合は肌のターンオーバーが乱れることでメラニン色素が沈着しやすくなり、黒ずみへとつながります。

デリケートゾーン用の石鹸やボディソープで洗うことによって皮膚のターンオーバーを促し、黒ずみの予防を行うことが大切です。

感染症の予防

膣内環境のバランスの乱れや性行為から来る感染症などはデリケートゾーンを衛生的に保つことで予防が可能です。デリケートゾーンに汗や皮脂などの汚れが付着していると、感染症を引き起こす菌が繁殖しやすくなります。病原体によっては、デリケートゾーンに潜伏しているものの、清潔に保てていれば発症に至らないものもあります。しかし、デリケートゾーンの環境が乱れて抵抗力が低下してしまうと菌が増殖し、発症に至ることもあるため、やはりデリケートゾーンを清潔に保つことが大切です。

美容と健康維持

デリケートゾーンのケアによって自分の自覚する「性」を意識することにつながり、身体のリズムや生理とより向き合えるようになります。自分の身体を見直すきっかけにもなり、デリケートゾーンだけでなく身体全体としての健康につながります。

また、将来介護を受ける立場になることを想定した時、デリケートゾーンのケアを行ってきた場合と行わなかった場合とでは、介護をされる側・する側どちらにとっても介護環境が大きく変わってくることはあきらかです。実際に、将来のことを考えて50代頃からVIO脱毛を行う方も増えてきています。

デリケートゾーンは環境の影響を受けやすい分、ケアをした結果が出やすい部分でもあり、その結果として体質改善にもつながっていくので、ぜひ日頃からケアを心がけるようにしてください。

どのような石鹸・ボディソープが人気?デリケートゾーン用石鹸の選び方

石鹸の成分

デリケートゾーンのお手入れには専用の石鹸やボディソープが欠かせません。こちらでは、デリケートゾーン用の石鹸やボディソープの選び方について解説します。

弱酸性を選ぶ

一般的に石鹸やボディソープは、洗浄力の高いアルカリ性のものがほとんどです。しかし、デリケートゾーンの皮膚は非常に薄く刺激に弱いため、お手入れに一般的な石鹸やボディソープを使用するのは適していません。身体全体のpH値が4.5~6.0なのに対して、デリケートゾーンのpH値は3.8~4.5の弱酸性です。そのため、洗浄力が強い一般的な石鹸やボディソープで洗ってしまうと、デリケートゾーンのバランスを保つために必要な善玉菌まで洗い流してしまうのです。その結果、かゆみやにおいなどのトラブルが発生します。

デリケートゾーンに本来備わっている自浄作用の低下を防ぎ、バランスを整えるためにも、デリケートゾーン用石鹸・ボディソープや、弱酸性の石鹸・ボディソープを選ぶのがおすすめです。

悩みに合わせて選ぶ

においやかゆみ、ムレなど、様々なトラブルが起きやすいデリケートゾーンは、悩みに合った石鹸やボディソープを選ぶことが大切です。それぞれの悩みに寄り添うデリケートゾーン用石鹸やボディソープをお選びいただくことによって、清潔な環境を保ちながらデリケートゾーンの悩みの改善へとつなげていくことができます。

香りで選ぶ

石鹸やボディソープには無香料のものもありますが、やはり香りつきが人気です。

どちらを使っても石鹸やボディソープとしての効果に差はありませんが、香料アレルギーなどが気になる方は無香料のものを選ぶようにしましょう。そうでない方は香りもケアを行う上での楽しみにもなってくるので、好みの香りの物を選ぶことをおすすめします。

また、成分の選び方としては、合成香料を避け、精油など天然の香料が配合されたものを選ぶことをおすすめします。

皮膚が非常に薄くデリケートなパーツだからこそ、使用する石鹸やボディソープにはこだわることが大切です。Mellow.が提案するのは、すべての方が自分らしく、メロウな肌を叶えるハイジーン(衛生)習慣。

デリケートゾーンと同じpH値バランスの弱酸性を徹底し、限りなくナチュラルな設計を実現しました。また、ニューノーマル時代の空気感に寄り添い厳選したユーカリ精油・ローズマリー精油・ティーツリー精油を使用し、成分と同様に香りにもこだわっています。

デリケートゾーン用の石鹸を選ぶならMellow.のメロウドット インティメイトウォッシュ

デリケートゾーンは普段使用している石鹸やボディソープでボディと一緒に洗ってしまっている方がまだまだ多いのが現状です。しかし、ボディソープの多くはアルカリ性のため、デリケートゾーンを洗うには洗浄力が強すぎます。

デリケートゾーンのトラブルを防ぐためにも、デリケートゾーン専用の弱酸性の石鹸を使用するのがおすすめです。

正しく石鹸やボディソープを選ぶことで、デリケートゾーンの悩みを解決することができます。

気になるデリケートゾーンの悩みに対応できる石鹸をお探しなら、Mellow.のメロウドット インティメイトウォッシュをご利用ください。

Mellow.ではデリケートゾーンにやさしい弱酸性の石鹸(液体タイプ)を販売しています。においやかゆみが気になる方や、配合成分にこだわりたいという方に人気です。

デリケートゾーンのケアをご検討している場合は、ぜひMellow.の石鹸(液体タイプ)をご利用ください。

デリケートゾーン用石鹸をお探しならMellow.へ

店名 Mellow.(メロウドット)
代表者 阪本 雅恵
設立 2020年2月27日
住所 〒662-0084 兵庫県西宮市樋之池町14−8−3F
Tel 050-7128-3366
電話受付時間 9:00〜18:00
Mail info@mellowdot.com
URL https://mellowdot.com
事業内容 オリジナルコスメの企画・販売