介護脱毛をするなら…白髪が生えてくる前に。

投稿者 :Mellow.Staff on

 

「介護脱毛」という言葉、そして概念が日本で最初に登場したのは2017年のことだそう。

当時はまだ介護業界とは無縁だった私ですが、そういえばちょうどその頃に家の近所の小さなエステサロンが『介護脱毛しませんか』という広告を出しているのを見かけた覚えがあります。

そのエステサロンは、流行の先端を走ってかなり早い段階からサロンのメニューとして「介護脱毛」を打ち出してました。

今2022年の現在から当時を振り返れば、その目の付け所の良さに感心してしまいます。

後から誰かから聞いた裏話では、まさにそのエステサロンのオーナー女性の高齢のお母様に介護が必要となりました。

その際にアンダーヘアが生えたままだと排泄介助や入浴介助を受けるのが大変になるという事実に直面したのがきっかけとなって、ご自分のサロンのメニューに介護脱毛を登場させたとのことだったのでした。

その頃の私は周りに介護を必要としている家族も知人はもちろん、介護職に就いている友人も全くおらず、恥ずかしいことに

「え?介護脱毛…??いつの日か介護を受けることになるかもしれないから、そのためにアンダーヘアを永久脱毛しておくですって!?」

なんて、肯定的に興味を持つどころかギョッとしてしまったのが正直なところ。

エステサロン(=なんだかおしゃれで美意識の高い、女子力の高い女性が美しさを追い求めるために通う場所)で歳を取って介護を受ける時のためにシモの毛を処理しておきましょうだなんて、そんなのヘンじゃない?と。

しかしそれからずいぶん経ち、介護を必要としている高齢者数はどんどん増え続け、介護職に就く人材不足も叫ばれ続けている状況なのは誰もが知るところです。

少しでも介護がしやすいように。

そして自分自身も快適で、毎日ハツラツとして生きるために。

介護脱毛をすることを考えてみても損はないんじゃないでしょうか。少なくとも私はそう思っています。

剃ったり抜いたりのお手入れ/処理ではダメです。なぜなら、高齢につれほとんどの人が視力も握力も低下するし、根気も続かなくなっているはずだから。

もっとも万が一認知症を発症でもしていれば、デリケートゾーンがどんな状態になっていようが気にはならなくなっているかもしれませんけどね。(そんなの悲しいことかもしれませんが…。)

では「介護脱毛」いつするか。

もし、介護脱毛をしておこうかなと思ったら、ぜひ、今のうちに。

現在の脱毛技術では白い毛は脱毛できません。黒い毛が生えているうちに、永久脱毛をすることをお勧めします。

現在、脱毛クリニックや脱毛サロンで使われている脱毛機は、毛に含まれる黒い色素(メラニン)に反応する仕組みでムダ毛を脱毛します。ですから当然白い毛には反応しないのです。

40代、50代になると、頭髪だけでなく体毛にも白髪が生えてくるものです。
デリケートゾーンに白い毛を見つけるようになる前に、サロンに相談してください。


この投稿をシェアする



← 投稿順